フォックス氷河で山スキー!!No.2

IMGP1000


僕らを氷河の上に残してヘリは飛び立っていった。
NZの最高峰Mt.Cookの西側にあるフォックス氷河とフランツジョセフ氷河。ここでしばらく滞在させてもらう。ちょうど僕は3年前にこの裏側にあるタスマン氷河で氷河上での技術研修を受けた。あの時も約一週間氷河上の小屋で生活した。その時も感じたけど、山の中に入ってしまうと海外だなんて感じない。山は山。たまたま周りにいるのが日本人じゃないというだけなんだよね。
住所もないし、電話番号も入らないしね。
IMGP1125


小屋からは海と森と氷河が見える。「ときどきアレは日本海?」と感違いしそうになるが、とても綺麗な景色だった。そういえばクイーンズタウンで友達になったジムというテレマーカーが、「フォックス氷河は、海が見えてその最高の景色の中で滑れるんだ!」ってちょっと自慢げに言っていた。これがそうなんだって改めて感動した。世界で一番綺麗なところとNZのヤマヤさんが言うだけのことはある。
 忘れてはいけない。ぼくがここに来れたのはこの3人のお陰です。クライストテャーチで雪の研究をしているTIM。同じくクライストチャーチに住む写真家のBrownさん。もともとNZでガイドをし、クライミングをして、今は沢山の写真をNZ山岳会の本に掲載しているNickおじいさん。
とても親切で世代を超えた楽しい付き合いになった。実はこの後しばらくクライストチャーチでも居候をさせてもらい、とてもお世話になった。
ちなみに毎晩ご飯の後、夕焼けを見ながら小屋の外でタバコを分け合ったNickとは、すっかりニコチン友達になった。彼曰く、「タバコは止めようと思ってるんだけどね。こういう所でそういう風に吸うのは止められないね。」
IMGP1042


IMGP1015


IMGP1216


ここで5日間で4回のツアーに出かけ、Mt.Cookやタスマン氷河を眺めたり、今まででもっともスティープな斜面にであったり、クレバスを通過したり、パウダーやクリフをすべり、小屋では過激なミックスクライマー達と出会ったり、内容の濃い楽しい時間を過ごすことが出来た。
そして最後にはなぜかヘリで降りるのではなく、歩いてフランツジョセフ氷河を降りることになり2日がかりの冒険となった。前日に積もった恵みのパウダー滑り、ガスに巻かれ、草を滑り、岩を飛び、小さな小屋に泊まり、そしてスキーを担いでクレバスを飛び越え、クレバスの底を歩いた。かなり省略してかいているが、全てを書くと長くなりそうなのでやめておく。
一つだけ書いておきたいことは、「いつかここでガイドをしてみたい。きっと最高のツアーになるだろう。」そう思って帰ってきたということだ。
IMGP1023


IMGP1158


IMGP1219



IMGP1070


最後にこの旅で貰った沢山のラッキーに本当に感謝している。これはその象徴のポンコツ号の最後の写真。400ドルで買ったコイツは150ドルで部品屋に引き取られていった。コイツがいなければ僕はどうなっていたのか?さようなら、そしてありがとう。
この旅で聞いたいい言葉でしめます。
「良いと思う事はゆっくりやってくる、でも素晴らしいと思う事は突然に訪れるんだ。」
感謝!

— posted by タカ at 02:16 pm  

フォックス氷河で山スキー!!

ようやく帰国しました。といってももうすぐ一週間が経ち、徐々に現実に引き戻ってきました。現実は厳しいのお。
ところで、9月前半に何をしていたかというと、私は氷河の上の山小屋で1週間ほど過ごしていました。
8月も終わり、クイーンズタウンでの仕事も一段落して、そろそろ帰って仕事をしなくては、と考えていましたが、NZでもう一つのやり残したことが氷河に行くこと、でした。
ただ氷河上なので1人でロープも持たずに行くのは、ちょっと無謀、、、。でも仲間はいない。
IMGP0998


そんな感じで今回は無理かな、と感じつつも、オンボロ車があるので、とりあえず麓の町まで行こうと思って西海岸を登っていきました。
80キロしか出せない。車でゆっくり峠を越え、海岸線を走る。話はそれますが、NZの西海岸はシダ類の多い巨大な森が広がっており、とても綺麗。ここのドライブだけでも来て良かったなあ。なんて考えつつ2日目の朝にフォックス氷河の麓にある町に到着しました。
IMGP0976


氷河のベースタウンになっている小さな町。ヘリコプターの会社に入り受付で話しを聞くことにしました。
デスクのおじさんに、「氷河に1人で行くやつってあんまりいないよねぇ。」とか「1人なんだけど誰か行く人いないかなぁ。」なんてちょっと可哀相な日本人山スキーヤーを演じてみた。最初は「ムリ無理!」感じだったけど、だんだん真剣に考えてくれはじめた。「そうだね、明日クライストチャーチからブラウンさんていう3人組が来るからその人たちに聞いてみてOKならい一緒に行けばいいんじゃないかな?」と教えてくれ、「その人たちはNZの山岳会の小屋に泊まることになってるからそこに泊まればいいよ。」というアドバイスをくれた。感謝感謝!!
さっそく山小屋に入り、その前でパッキング準備を始める。行けても行けなくても準備だけはバッチリにしておきたい。隣町のスーパーで買出しをする。「まあ3日分でいいかな、」と思い予備を含めて4日分を購入した。(これは後々後悔することになったけどね。)
IMGP0991


暖炉に日を入れご飯を食べて待つこと2時間。車で3人組が現れる。オジサン、オジサン、おじいさん。思ったより年齢が上!ちょっと面食らって、なんて言えばいいか色々考えてたけど口に出たのは「1人なんだけど一緒に行きたいんですが、、、」それだけ。もう少しマシなことが言えればいいのにな!と思う暇もなく!「いいよ。」意外とあっさりOKしてくれた。その後、いろいろ装備のことについて探りを入れて「それじゃ、よろしくお願いします。」といって寝袋にもぐりこんだ。久しぶりに足を伸ばして寝ることが出来た。しかも明日からは氷河の上で遊べる!
(長くなったので後半へ)

— posted by タカ at 06:36 pm  

クラブフィールド・カーギーバーン 2日目

今日は朝からロープトウを使い地形三昧の一日にすることにしました。
前日に下見したIwaoに従い、いろいろとシュート落ちてみる計画だった。
でも最初に遭遇したアドベンチャーはロープトウだった。クラッカー(鉄の鋏)でロープをつかんでいく奴。このスキー場にはこれしかない。しかも結構長くて急。[いやー/]
IMGP0925


チケット売り場で1日60㌦のチケットを買うと、「初めて?それなら乗り方を説明してあげるわ。」みたいな感じで上にいるスタッフに連絡を取ってくれた。そして乗り場で待っているとJohn登場。「こうするんよ。結構簡単だろ。」ととっても簡単な説明。とにかく手や腕でロープを掴んでハーネスベルトにつながった鋏で掴みなおし、上に行けばいいだけ。でも力の弱い人にはコツを掴むまで大変かな?と思った。(※立山のワイヤーよりは楽ですね。)
IMGP0915


ヤッホー!シュート三昧。運良く今日のファーストトラックで滑る事が出来ると、運ばれてきた雪が薄く着いている。思ったような硬いクラストではなく、かなり滑りやすい。ジャンプターンの連続でなかなか板を下に向けられないけどね。日本でいうと谷川岳トマの耳山頂から落ちてくのを短くした感じですね。そんなシュートがスキー場内所狭しと並んでいる。最高!!久しぶりにヘルメット装着で滑りました。疲れるとザラメのオープンで休みつつ10本以上?かなり遊ぶことが出来ました。[クール/]
IMGP0910


IMGP0917


それにしてもフレンドリーなスキー場で、毎年来ているような家族も¨スキーバムを卒業できない大人たちが子供を連れて来ています!¨というような人たちが多かったですね。
岩場やシュートが並び、ロープが全く見当たらない危険が一杯な?スキー場、そのレストハウスで遊ぶ赤ん坊。こんな雰囲気の場所でした。
IMGP0918



— posted by タカ at 10:54 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0361 sec.
prev
2007.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30