クラブフィールド・カーギーバーン

ようやく待つのが仕事の日々も終わりを告げ、しばらくニュージーランド調査の旅に出かけることにしました。[にひひ/]
調査といってもどこでどんなことが出来るのか、せっかく来たのだから色々と見ておかなくてもったいないと思い手始めに最近よく耳にするクラブフィールドを見に行くことにしました。
クイーンズタウンから旅の友、Iwaoとともに7時間、満月の中をドライブすること7時間。ようやくたどり着きました。
IMGP0869


さて何からはじめようか?とりあえず山に行きたいと思い。シールなどを詰め込み駐車場から出発。パトロールのNICKさんに雪の状態を聞きそのままバックカントリーへ!久しぶりのシールハイクがとても気持ちいい。やっぱりこれだね。
IMGP0888


上がるにつれて雪はだいぶ良くなった。数週間前の雪崩のデブリをさけて緩めの斜面を滑り込む。日本で言えば立山に似た氷河地形。楽しいロケーションでした。雪の具合はそこそこだと思ったけど、もう少し地形を見たいと思いもう一度尾根をハイクアップして、岩場を抜けて次のピークまで行ってみました。硬いだろうと思っていた斜面は膝パウダーでした。短いスティープな場所を超え、気持ちのいい広い斜面にでた。振り返り、感謝!
雪をつないで高度を落として、こちら特有の草の上を歩いて駐車場まで戻りました。
IMGP0896


宿に戻るとロッジでIwaoと合流。友達とビールを飲んで楽しい時間を過ごしていた。
山に行った感想は手軽な場所にこんな地形のスキー場があるのはとてもいい。まだまだ遊べそうな場所はたくさんあった。[パンダ/]でも一つ反省はシールを使わずにゲレンデだけでも目いっぱい滑る事が出来そうだったということ。ということで山にこだわらずに2日目はゲレンデで遊ぶことにして寝ました。
IMGP0899



— posted by タカ at 10:18 am  

初仕事!

8/15仕事か舞い込んできた。
祝!テレマーク日本人ヘリスキーガイド、遂にデビュー!
(長いね、、、。)
ようやく研修期間が終わり、ガイドモードに突入できました。
IMGP0814


研修の方は、雪の事や気象の事は、なんとなくいい感じで理解できた。
そしてテレマークも日本で普通に遊んでいる以上に難しいことは特に要求されずに、「ストロング」の一言でOKがでた。それよりも「滑りながら雪を感じろ!」というニュアンスの事をしきりに言われた。
と言うことで、細かい刻み込むようなターンをしきりにやりました。
おかげで最中雪の日は、足がビリビリと痛くなりました。[パンダ/]
最終的に苦労したのはやはり会話かな?でもまあ何とか笑顔で折りきりました。
IMGP0818


ということでガイド初日のお話。
まだまだ新しい会社なのでそれほど日本人が来ない、だからイギリス人とオーストラリア人の5人。
少し緊張しながらもHey!Good Mornin`!How`re you!
僕の決まり文句で勢いづけた。(元気があれば何でもできる![ニッ/])
みんなスノーボーダーで結構うまいのでガイドの僕も雪の事だけ考えることができた。
IMGP0820


よく聞くとヘリは初めてということで、ヘリにも、尾根の上での豪華なランチでも、エキサイトしてくれて、とてもやりやすかった。みんな素直に一番小さい日本人のガイドの言うことをよく聞いてくれて、スノーボードを楽しんだみたい。ほほほ。
(なかなか俺もインターナショナルになったんちゃう!!!???)
そんなこんなで、最後にはこんなに沢山パウダートトラックを残してきました。
最高!そして感謝!
CopyofIMGP0815


今年来る人はぜひメールしてくださいね。
待ってマース!

— posted by タカ at 01:24 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0099 sec.
prev
2007.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31