雨、大雨。でも神楽は雪でした。

そろそろ板を細くして、靴も気軽なブーツにして山に行こう!
と思って準備をして朝神楽へ出発!
雨が降っており、風も強く、ガスもかかっているので、今日はキャンセルかな?なんて思いながら登っていくと、雪に変わっていました。新雪が5cmほど。良さそうですね。
そんな時、気になったのが、自分の足回り、、、。この凸凹のザラメの上に新雪がうっすら乗った斜面で1年ぶりにこの細板にのるのか、うーん。修行だね。
最初はやっぱり踏み過ぎって言うくらい踏んでしまいました。でも長年乗ったこの板と靴は気持ちいいですね。深すぎのパウダー以外ならやっぱり調子が良かったです。
IMGP0789


細板(も!)最高。ファットに乗ってすっかり技術が衰えてしまう前に、やっぱり春は細板、軟靴で練習しないとね。

ゲストのお二人はスノーボードにスキーのお二人。
3月末の山ということからすれば、かなり良い状態のノートラックを2本ほど頂いてきました。よく歩いて、よくトラバースして、よく滑りましたよね。
IMGP0792


また行きましょう!そしてゴールデンウィークには立山に行きましょう!
春はたくさん登れて、遠出も出来る、バックカントリーをはじめるには最適の時期ですからね。
まったねー!
IMGP0793



— posted by タカ at 05:54 pm  

ツアーはキャンセル。そしてクライミングへ。

今日は前日から雨で、風も強い。
中止!朝の時点で決定しました。こんな日はゆっくりしていよう、、、。
なんていうことはなく、週末しか来れないスタッフの皆さんへロープワーク講習をしました。普段のツアーでは(あまり)使わないけれども、ゆくゆくはどんどん使うことも多くなるし、一緒にインスペクションに行くときもかなり使う。
ということでとりあえず基本はということで、ロープの結び方、ゲストを安全に降ろす方法、ついでに15m程の橋からロープで降りる空中懸垂も体験していただきました。
雪もなく、いい練習になったと思っています。これをやるといつも最初にロープで崖を下ろされた時のことを思い出します。まだ10代の僕は、なんか手も震えて、足もがくがくしちゃいましたね。[涙/]
そんなこんなで午後はみなかみでクライミングウォールを全員で登りに行きました。久しぶりに登るので当然すいすい登るわけもなく、帰ることには腕がはり、指の力もなくなっていました。
今年は雪が無くなったらもっと登るぞー!と気合を入れた一日でした。

— posted by タカ at 05:44 pm  

新幹線で行く!?春の神楽峰。

今日は神楽に行ってきました。
武尊方面もゆっくりと春が近づく中、神楽の春のシーズンパスを買いました。
今年はこのあたりで春を過ごそうかなと、思いまして。
IMGP0736


ということで、ツアーはというと。
朝から新幹線の湯沢駅にお出迎え。
なんと東京からリフト券込みで1万円程度で来られるのだそうだ。
しかも湯沢に7:25着。十分使えるよね。
車ないけどバックカントリーしたいという人にはオススメです。
そんなこんなで、山の具合はというとなかなか静かな場所もあり、いろんな人に会ったりとのんびり過ごしてしまいまして、最後の3本目は20分で登って、15分で降りるという強攻策に出てしまいました。やっぱリフトってすごいよね。
つぼ足丸裸くん(さん?)←(装備を持たずに登ってくる人たちのことね。[にひひ/])彼らの気持ちも分かるような気になってしまう、、、。
いかんいかん、やはりバックカントリーは大きなリスクを背負っていることを忘れずにね。装備はきちんとつけて、経験のある人と一緒に始めてくださいね。
楽しい春のバックカントリーでした。

— posted by タカ at 05:31 pm  

神楽峰はのんびりと時間が流れてました、、。

今日は平日、昨日は祝日だったからもう雪は無いかな、、、?
なんて考えつつも、ビーコントレーニングを終えて、ゲストをご案内。
受付で「50代なのですが、だいじょうぶでしょうか?」なんておっしゃておりましたが、スキーはバリバリ!!若い滑りを見せて頂きました。
初めてのバックカントリーということで、天気がいいのでのんびりと神楽峰の山頂まで登って綺麗な苗場山を眺めてきた。Mさん曰く、「あそこをエキストリーム!っていって滑る人いないですかね。」そう思ったということは、いづれ行く日が来るかもしませんね。
滑りは斜面変化にとんだ場所を、トラックの無いところを選んで頂いて来ました。
ちゃんと歩けば、やっぱり残るところには残ってますね。
また行きましょう!今度は2本登って見ませんか?
それでは!雪に感謝![ビール/]
IMGP0722


IMGP0725



— posted by タカ at 06:48 pm  

山頂は行かなくともスティープ&100パウ!

朝からタイヤが2本パンクした、、、、、。[パンダ/]
コンビにの前に、壊れた車止めがあり、それを左側で踏んだ模様。
急遽、F&○社に電話。「助けてクレー![目が/]」ミッチー&欽ちゃん(友人)登場。
何とか30分遅れで、集合場所へ。ふー助かった。
ありがとうございます!!!
山頂ツアー。この積雪の後、積雪はどうなっているのか??
さくさくと急峻な尾根を歩き、吹き溜まりまで1時間30分で到着。ちょっと雪の状態をチェックすると、気になっていた層も、この強風のスラブもない、、、、、。しかも100cmの新雪。「ということは山頂直下より、ここの方がいいのでは?」改めて斜面をチェック。そしてゲストの確認。問題ないな。
ということで、このスティープ&100パウ!頂いてしまいました!!!!
イヤー。やっぱり武尊山頂ツアーはいいですね。
来年はもっと増やして行きたい所です。
この日は、ラッキーポイントが有りました!!!
滑走前に、冒険小屋実修中のジャッキーがプライベートで谷の反対側のピークに立っていた。
「写真お願い!」と無線交信。いい写真を撮ってくれた模様。「ありがとう!」
とにかくジャッキーはいいカメラで、いい写真を撮り続けている。来年はジャッキーフォトセッションなんかも企画できればいいな、なんて密かに考えてます。

この写真は後でアップできるように頑張ってみます。
それでは、今年も武尊山ありがとうございました。
大感謝!!!!

— posted by タカ at 08:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0381 sec.
prev
2007.3
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31